menu

知っておきたい ショッピング枠で現金化するときの注意点

ショッピング枠現金化の手順

急にお金がなくなったとき、キャッシングやカードローンなどを使って現金を作ることも多いですが、そんなときに使える方法の1つに、ショッピング枠の現金化があります。
これはやや裏技のような方法になり、キャッシングなどでお金を作るのが難しいときなどに使われます。
ただ、裏技のような方法だからこそ、どうやって使うのか、その手順に詳しくない方も多いですよね。
知っておきたいその流れや、各ステップでの注意点をご紹介していきます。

▼ 目次

換金手順の流れについて

よくあるのは業者を使った現金化なのですが、このときの手順の流れをざっとご紹介すると、その業者に利用の申込みをし、カードを使ってショッピングし、その後、業者から返金を受けるというものになります。
仲介業者を使うと手順も単純になり、誰でもすぐできそうですが、よく知っておきたい注意点もあるのです。

各手順の注意点について

まず申込みの前にやりたいこととして、業者選びがあります。
いい業者を見つけられると、自分でショッピング枠を現金化するときよりも総じて換金率が高くなりますし、手続きもスムーズで非常にいいのですが、すべての業者がこのような相手になるわけではありません。
これはややグレーゾーンの方法で、これを仲介している業者は、カード会社や大手の消費者金融などでもありません。
ショッピング枠の現金化を専門としている業者です。
この業者にはいろいろなタイプがおり、中には悪徳業者といわれるタイプもいます。
そのような業者に当たらないよう、ショッピング枠の現金化の手順としては、まず業者選びをしっかりしないといけません。
これはかなり気をつけたい注意点です。

また、それと近い話にもなるのですが、ショッピング枠の現金化には法律の規制などもないため、その換金条件や手順は業者がそれぞれ自由に決めている状態です。
どのような流れで現金化できるのか、その詳細を業者ごとによく確認してください。
これ自体が優良業者を探す方法にもなりますし、優良業者の中でもより安心して使え、お得に現金化できる業者を見つけられます。

しっかり確認したいのは、申込みのときに申告が必要になる情報や、換金にかかる手数料の名目、その金額などです。
申込み時には換金のために必要な情報しか申告が必要なく、換金にかかる手数料がなるべく安い業者を選ぶのがおすすめです。
逆に避けたいのは、ここで必要ないはずの個人情報、たとえばクレジットカードの暗証番号や裏面のセキュリティコードなどの申告を求めてくる業者や、必要な手数料が多く、その金額も高い業者などです。

ショッピング枠の現金化の手順として、最初にこのような業者選びが必須になることは、よく知っておきたい注意点ですね。
いい業者が見つかったら申込みをしてください。
このあと、換金のために一度カードを使って買い物をするのですが、この手順で知っておきたいのは、本当にショッピングをする必要があること。

ネット通販を利用したときのように、自分で商品を選んで注文し、その商品が本当に自宅に送られてきます。
ショッピング枠を現金化するために、本当にこのような買い物をするのは大げさだと思うかもしれません。
しかしこの手順をきちんと踏まないと、これがグレーゾーンの方法ではなく、違法だと判断されやすくなります。
そのため優良業者ほどきちんとここはショッピングの体裁を守り、利用者が注文した商品は本当に自宅まで送ってきます。
ここは利用者としてもなるべく積極的に協力してください。
また、業者が本当に商品の販売や発送をやっているか、申込みをしたあとでもよく確認をしてください。
もしそのような体裁を取らず、お金のやり取りだけしかしないようなら、その業者の利用はキャンセルし、別の優良業者を選んだ方が安全です。

このようにショッピングという体裁でその業者でカードを使ったら、あとはその業者から返金を受けるだけです。
ここで返金する名目は、キャッシュバックや商品の買取などがあるのですが、いずれにせよ、業者からはお金を返してもらえます。
そのお金はカード会社から業者へ支払われるショッピング枠のお金ですから、これで現金化に成功したことになるわけです。

ここは業者がやってくれるため、利用者がやるべき具体的な手続きは特にないのですが、戻ってくる金額が変わっていないか、ここは要注意です。
業者を利用する前には、換金で必要な手数料を確認したと思いますから、その金額通りに換金されたかを確認したいのです。
事前に聞いていた話より手数料が増えているときなど、業者に確認の問い合わせをした方がいいですね。

さいごに

ショッピング枠の現金化をするとき、各手順ではこのようなことに注意すると、うまく換金できることが多いです。
なお、換金が成功したあと、返済のことも忘れないように注意してください。
この方法はカード会社から推奨されている正規の利用ではないため、発覚すると問題になる可能性があります。
そうならないためには、換金のために使った使用分をきちんと返済することが前提です。
あとで返済に困るような金額は、換金のために使用しないよう注意してください。