menu

キャッシュバック型の手順

HOME » 注意点について » キャッシュバック型の手順

キャッシュバック型の手順

クレジットカードのショッピング枠の換金手順で、現在主流になっているのがキャッシュバック型です。
これは何かというと、利用者が購入した商品に高額キャッシュバック特典をつけるという形で、利用者が使ったカードのお金を返金する方法です。
これにより、利用者は自分が使ったショッピング枠のお金を現金で受け取れます。
本当なら現金にできない枠のお金を、現金化できたことになるのですね。

このキャッシュバック型は、これまで主流だった買取型に比べて、手順が短いのも特徴です。
買取型だと利用者は業者から買った商品を、またすぐ業者に買い取ってもらう必要がありますが、キャッシュバック型ならそのような手間もありません。
商品を買ったあと、業者から返金されるのを待てばいいだけです。

この手順の短さから、現在は主流になっている方法ですが、この手順で知っておきたい注意点として、最低でも1回は売買のやり取りをしないといけません。
その1回の売買とは、利用者が業者より、キャッシュバック特典付きの商品を購入するという取引になります。
これは必ず必要です。
しかも買った商品は、利用者が本当に引き取らなければなりません。

ここで購入する商品は、実際には換金のためのアイテムですから、本来なら数万円といった値段はつかないただの文房具や、安物のおもちゃといった商品になります。
それをすぐ業者にまた売るといった手順も必要ない以上、利用者としてもあまり欲しくないことも多いでしょうが、この商品の購入はキャッシュバック型でも必ず必要です。

現金化のために購入したその商品自体は、いらないと思えばあとで処分してもOKです。
ただ、事前に聞いていた通りの換金率でショッピング枠がキャッシュバックされるためにも、一度はその商品を受け取り、手順がすべて終わるまでは保管しておいたほうが無難ですね。
手順が短いといわれるキャッシュバック型でも、このような手続きは必要になりますから、そのつもりで業者に申込みをし、手続きをこなしてください。