menu

ショッピング枠現金化で用意するもの

HOME » 注意点について » ショッピング枠現金化で用意するもの

ショッピング枠現金化で用意するもの

ショッピング枠を現金化するため、用意するものはもちろんクレジットカードですが、このときに知っておきたい注意点があります。
それはそのカードについているショッピング枠の金額です。
まず大事なのは残りの使用額について。

この方法はそのカードで使える残りの枠の一部、もしくはすべてを現金化するものです。
そのため用意するものは、厳密にいうと、ショッピング枠にまだ残りのあるクレジットカードとなるのです。
人によっては、カードで常に買い物などしており、あまり残りの枠がない場合もあるでしょう。
そのようなカードでは、現金化はできません。
実際にこれを行うときには、まずそのカードのショッピング枠で買い物をする必要があります。
そこで使った金額を現金化する方法だからです。
枠が残っていないとこれができないため、それ以降の手続きもできず、現金化はできません。
この方法を使うときには、用意するものはショッピング枠にまだ残りがあるクレジットカードになることを注意してください。

また、それとも関係する話ですが、ショッピング枠の上限は高い方が、現金化できる金額も大きくなります。
上限が低いと、現金化できる最大額も小さくなります。
1万円だけの現金化でいいなら、用意するものはショッピング枠に空きがあるカードと覚えておけばいいでしょうが、高額な現金がほしいときは、この枠の上限額が高いカードとなるでしょう。

その理由は、やはり先の注意点と同じです。
この方法は使用するショッピング枠を現金に換えるものですから、高額利用ができないカードでは、高額な現金化もできません。
数十万円といった現金がほしいなら、ショッピング枠も同じように数十万円といった金額が必要になります。

この上限額はそのカードの契約状況によって決まり、カードを使うその場ですぐ変更できるわけではありません。
高額な現金化がしたいなら、ショッピング枠の上限が高くなっているクレジットカードが用意するものとして必須となるでしょう。
このようにただカードがあれば使える方法ではないことを、注意点として知っておくといいでしょう。