menu

ショッピング枠現金化の利用資格

HOME » 注意点について » ショッピング枠現金化の利用資格

ショッピング枠現金化の利用資格

何かのサービスには利用資格が決まっていることがありますよね。
これはよくある注意点となりますが、カードのショッピング枠現金化で何か注意すべき利用資格はあるでしょうか?

これは自分名義のカードを持っていることが、資格として必要になりますね。
クレジットカード自体はただの小さなカードですから、他人のものを持ち出すことも不可能ではありません。
ただ、それで現金化するのはNGです。
このショッピング枠の現金化は、自分が持っているカードのショッピング機能用のお金を、現金に換えるというもの。
少し裏技に近い方法となり、自己責任の方法となりますが、自分のカードの枠でこれを行うのは現時点で可能です。

ただ、これを他人のカードでやるのは、基本的にNGです。
それは他人のお金を勝手に使ったことになり、最悪の場合は窃盗罪に問われる恐れもあります。
それはたとえ家族のカードでも同じことです。
このショッピング枠の現金化を利用するには、自分名義のカードを持っており、それで行うことが前提です。
そのため自分のカードがあるかどうかが、この方法を利用するための利用資格となるでしょう。
もし持っていなければ、自分名義のカードを作るところから始めないといけません。
そのため、自分でカードを作れることも、つきつめれば現金化のための利用資格となります。

クレジットカードを自分の名義で作るには、収入があることや、成人していることなどが必要になりがちです。
最近はカードも気軽に作れるようになっていますが、これは基本的にローンという位置づけのサービスです。
ですから収入がない人や、まだ責任能力がないと思われる未成年だと、申込みをしても審査で落とされることが比較的よくあります。
すでに成人しており、社会人として働いていて収入があることなど、基本的な利用資格となりますね。

このほか、過去に別のローンで滞納を経験していたり、自己破産歴があったりすると、同じく審査で落とされやすくなります。
これらがないことも大事な利用資格となります。
ショッピング枠の現金化自体にはそこまで資格は必要ないのですが、自分名義のカードを手に入れるため、このように注意したい資格がいくつかあります。