menu

換金したショッピング枠の返済

HOME » 注意点について » 換金したショッピング枠の返済

換金したショッピング枠の返済

カードについているショッピング枠を換金すると、現金が手に入りますが、これはどういうお金なのかというと、カード会社から借りたお金になります。
これは必ず確認しておきたい注意点です。
借りたお金は返済が必要になるからですね。

このお金の返済はどうやるのかというと、普段カードで買い物などしたときと変わらないのが、知っておきたい注意点になります。
ショッピング枠を換金したとき、普段とは違う使い方になったことで、その返済方法も普段とは違うように感じられがちです。
しかし換金したのは利用者が個人的にやったことで、カード会社からすると、その利用は普段通りのショッピング機能の利用と変わりません。
つまり返済の方法は、普段カードのショッピング機能を使ったとき変わらないのです。

そのときの返済方法はカードによっても違うでしょうが、クレジットカードのショッピング枠の返済は、利用日の1〜2か月後、一括で行うのが一般的です。
カードによってはこれをリボ払いに変更できることもありますが、その際は自分で手続きが必要になることも多いですよね。
このように現金化したお金の返済は、いつものショッピング機能の利用として、カード会社に同じく行うのが基本です。
返済方法がいつもと変わるわけではない点は、大きな注意点として確認しておいてください。

特に間違えないようにしたいのは、換金業者に返済しないことです。
業者を通してショッピング枠を現金化したとき、自分の口座に業者からお金を振り込まれることもあります。
このような形で利用すると、まるで消費者金融からお金を借りたようで、その業者に返済が必要なように感じられがちです。

しかし換金業者には一切返済の必要はありません。
この業者から渡されたり、振り込まれたりするお金は、カード会社から業者へ振り込まれたショッピング機能のお金を、換金手数料を抜いたあと、利用者へ返しているだけだからです。
換金にかかる料金の支払いもすでに済んでいるため、あとで業者に返済や支払いなどは一切必要ありません。
ショッピング枠を現金化するときは、これらの点にはよく注意してください。