menu

無店舗型での手順

HOME » 注意点について » 無店舗型での手順

無店舗型での手順

クレジットカードの換金というと、以前はカードで買った物を店舗に持ち込み、買い取ってもらうという手順になることも多かったですが、最近はこのような店舗を一切通さない無店舗型のサービスも登場しています。
これは主にキャッシュバック式で換金する業者がよく使っている方法で、キャッシュバック特典付きの商品をネット通販のように売り、利用者に返金するお金は銀行振込とするのです。
これはちょうどネット通販業者が店舗を必要としないのと同じ理由で、利用者にとっても来店する手間がなく、手順が簡単になるというメリットがあります。

ただ、このときに知っておきたい注意点は、運営者の顔が見えないこと。
この手順は一切業者と顔を合わさず、メールや電話だけで完結します。
そのためどのような相手と今取引しているのか、利用者側でもしっかり注意しないといけません。
とはいえ、店舗を持っていない以上、その業者の人と会うのは難しいですし、仮に所在地が分かったからと直接訪問するわけにもいきませんよね。
このときはそのサイトの情報をしっかり確認するのがおすすめです。
無店舗型の換金サービスは、インターネット上にサイトを作り、そこでサービスの案内や申込みの受付をやっています。
そのためどのような業者が、どのような条件でショッピング枠を現金化するのか、そのサイトに書いてあるのです。

この情報を見て不安を感じたり、業者や換金条件についての情報がほとんど載っていない場合、あまりおすすめでない業者だと判断できます。
ただ、業者についての判断基準は利用者が決められますし、このサイトは24時間チェックできるのが基本です。
業者と顔を会わせるわけではないため、ゆっくりとチェックできるのはこの無店舗型のいいところですね。

もし利用することに決めたら、そのサイトの専用フォームから申込みしてください。
なお、申込み時には利用者の情報を申告する必要がありますが、不要なカード情報などを求められないか、この点もよく注意しておきましょう。