menu

買取型の手順

HOME » 注意点について » 買取型の手順

買取型の手順

ショッピング枠を換金する主な方法の1つになっているのが、買取型です。
現在ではキャッシュバック型が主流になっていますが、こちらでも現金化が可能で、古くからよく使われてきた方法です。
この手順はキャッシュバックよりもやや手間がかかるのですが、わかりやすい方法になります。
ショッピング枠を使って購入した商品を、買取ショップなどにすぐ持ち込んで売却します。
こうすることでショッピング枠を現金に換える方法で、業者を通さずに自分でやることも可能です。

この手順の注意点としては、利用者としてもやや手間がかかることですね。
クレジットカードを使って買い物をしたあと、その商品が手元に届いてから、すぐにまた売却しないといけません。
売却先になるのは、買取型でショッピング枠の現金化をしている業者や、一般の買取ショップなどです。
商品を購入してからまたすぐ売却するというその手順から、どちらかといえば、自分でショップなどに出向いた方が利用しやすい方法です。
それなら商品を購入し、すぐ売却するという流れをその場ですべてこなせます。
ただそのためには、クレジットカードの換金希望者がショップまで来店しないといけません。

キャッシュバック型だと、来店は必ずしも必要ありません。
ネットショッピングのような形で業者から商品を購入し、その商品は宅配便で発送、キャッシュバックされるお金は銀行振り込みで対応できますから、一歩も外に出なくても現金化ができます。
買取型の場合、そのような在宅での利用にはやや不向きです。

もし在宅型でやる場合、購入した商品が一度送られてきたあと、それをまたすぐに業者まで買取のために送り返すという手間がかかります。
輸送は宅配業者がやってくれますからいいとしても、このときに送料がかかるのですね。
これは利用者負担とされるのが普通ですから、買取型の現金化を在宅でやると、必要な料金が高くなり、現金化できる金額が少なくなります。
このように買取型は、やや手順が多くなりやすいのが注意点となります。